バナナ♪

小学生ガールが、USJに行ったついでにおみやげを買ってきてくれました☆
井上先生が大好きな「ミニオン」さんのペン、、、
ありがたすぎて、飾る以外に思いつきませんね♪

ありがとうございます☆大切に飾っておきます☆

バナナ♪

昨夜、「ビリギャル」がテレビで放送されていましたね。
ご覧になった方も多いでしょうか。

あれだけ宣伝されていたので、どんなものか興味はありましたが、
なかなか機会がなく、昨日に至りました(笑)

感想としては、主人公の”さやか”は、本当によく勉強したと思います。

週3回で塾に通うとありましたが、遊びに行くときも勉強し、
家でも父親に負けじと努力を積み重ねていましたからね。

塾に通うだけでなく、自分でする努力、それも自分でやろうとする意志があって、
あれだけの力が伸びたのだと感じました。

また、途中途中で出てくるイジワルな先生と父親の発言が、
主人公のモチベーションにもつながったのでしょうね。

映画の内容が本当ならば。。。

あの映画を見て感じてほしいことは、「塾以外」の部分です。

時々見受けられるのが、「塾に通わせれば成績が上がる」という考えです。
映画を見た通り、カラオケでもファミレスでも、
そして何より家で、よく勉強していた様子が出ていましたよね。

ああやって、自分で覚えようとしてする勉強は、
どんな塾より、どんな指導より成績が上がるやり方です。

「家でできない」と言っているなら、
「ビリギャル」での家で勉強するシーンを幾度となく見て、
真似することから始めるといいと思いますね(笑)

将来、どんな職業に就きたいかということは、
中学生にとってはまだまだイメージしがたい部分です。

でも、決まっていないがためにできることは、いくらでもあると思います。
そのうちの一つは、勉強ですが(笑)

そういった部分を、私たちがなにか手助けできたらいいですよね。

そこは、塾の通常授業プラスアルファになってくるので、
案を練っていこうと思います。

ということで、塾としていろいろ考えさせられる映画でした。

TOMORROW IS ANOTHER DAY.

topへ戻る

スポンサーリンク
ルーツの広告
トップへ戻る