ゴールによって内容は様々

各学年、冬休みの課題として、2学期に習った範囲を、
ワークに直接解いてもらっています。

だいたい、15~30ページくらいありますでしょうか。。。

それでも、早々に終わらせて、提出してくれる子もいます。
先週に課題を伝えて、今週持ってきていますから、大したものですよね♪

もちろん、○付けもしているのですが・・・。

ゴールによって内容は様々

提出されたワークの内容を見てみると、ちょっと考えればわかる問題が、
軽くスルーされているのですよね。。。

他にも、明らかに問題文を読んでいないだろうという答えもあり、
ツッコミどころ満載のワーク返却になってしまっている子もいます。

「終わらせる」ことがゴールになっている典型的な例で、
これだとせっかく課している課題の意味が半減されてしまいます。

もちろん、ページ数は多いので、どんどん進めていかないと、
という気持ちは分かります。

ですので、内容が内容でも、頭ごなしに言うことはしません。
ちょうど、ここが成長のための良い機会になるのですよね。

頭ごなしに、「なんだこの内容は??」なんて言うと、
生徒からしてみれば「せっかくやったのに・・・」とプチ反発の気持ちになり、
勉強に対しての意欲も、ワークの直しも手が進みません。

そのあたりの伝え方は、先生の力量にかかっている!
そんな風に考えながら、ハッキリと伝えます。

生徒のレベルを上げるためには、まずは生徒を信じてあげることから、、、
そのうえで、言葉を選びつつ、ハッパをかけたり、静観したり、、、

ただのやっつけで終わらせるのか、それとも一つずつ考えながら、
丁寧に問題を解いていくのか。

前者の考えの子を、後者に変えていくことで、
また違ったゴール地点が見えてくると思います。

うまく、後者に導いていけるように、こちらも勉強です。

TOMORROW IS ANOTHER DAY.

topへ戻る

スポンサーリンク
ルーツの広告
トップへ戻る