アップテンポジャズ!?

昨夜、テレビで放送されていた「日本人の3割しか知らないこと」って番組・・・
ちょうど、勉強に脳科学や心理学を用いて成績アップ~なんてやっていたので、
見ていました。

アップテンポジャズ!?

どうやら、音楽はアップテンポな曲のほうが、ドーパミンが出て、
脳が活性化されるとか・・・ということで、いつもパソコンから流している、
「集中」というタイトルの曲を変えてみています。

急に変えて、いきなり成果が出てくるわけではなさそうなので、
しばらく流し続けて、様子を見てみようと思います♪

音楽を変えることで、勉強への意欲や塾の居心地が変わってくれたら、
言うことないですからね。

みんなの勉強のがんばりを、後押しできたらと思います。

また、他の事例として、「いつでもどこでも言えること」というケースもありました。
暗記したものを、いつでもどこでも言えるようにするということですね。

これは、当ブログでもちょいちょい言っていることです。
暗記するのに、場所はそんなに必要ないですからね。

筋トレついでに覚えるという方もいましたし、
歩きながら声に出して読むという方もいました。

どれも、その人自身が自分で編み出した暗記法のように感じましたね。
ということは、暗記するのに、方法はいくらでもあるということが言えるのではないでしょうか。

もちろん、最終的には、いつでもどこでも言えて書けるようになるのがゴールです。
そこにたどりつくのに、いろんな方法をまず試してみることですよね。

「勉強法が分からない」ではなくて、「勉強法をまずやってみる」こと、
それをせずして力がつくことはあんまりないですからね。

心理学的には、ちょっとでも机に向かって問題を解き始めると、
自然とそのまま机に向かって集中モードに入るそうですよ。

いかにして机に向かうか、というところが、
勉強を始めるキッカケになりそうですね。

なかなかキッカケがない子は、、、ぜひルーツへきて自習してください♪
待っていますよ☆

TOMORROW IS ANOTHER DAY.

スポンサーリンク
ルーツの広告
トップへ戻る