点数が伸び悩む原因を探ってみる。partⅢ

ゼラニウムさん、新芽が出て来てから成長度合いが良いです♪今日は、新たに新芽を発見!新芽が2つ出てきたようです☆右上の葉っぱの、すぐ左とすぐ下です。見えづらいです・・・

さて、気づけばpartⅢとなる「点数が伸び悩む~」シリーズです。おそらく今回でラストです。

明日からテスト、、、がんばってほしいですね。朝学は、水・木曜日に実施します。 この直前期、様子を俯瞰して...
先週14日水曜日に、いつものようにポトスさんにチラシのポスティングをお願いしに行ってきました。 昨日の月...

今回は、おおまかに言って「授業態度」です。姿勢も入りますが、それより大事なことはズバリ、「先生の話を聞いていない」ということです。

顔は先生の方に向いているけど、話している内容が頭に入ってこない状態ですね。ときどき何かで説明を受ける機会がありますが、集中しないとどんどん話が抜けていって、あいづちだけの状態になることがあります。

おそらくそんな状態が、学校でもあるのかなと。

結果的に、忘れ物があったり、「えっそんなの聞いていない」と言ったりしてしまいます。

それが積み重なっていくと、「文章の意味が分からない」「何を聞かれているか分からない」状態にまでなります。たしか、partⅡにちょっと触れましたか。

だいたい、聞く力が弱い子は、国語力が弱い状態にあります。思うように点数が取れない・・・愛知県の公立入試は、国語の点数が他に比べて取りやすいというデータがあります。

そこでちょっとでも多く点数を取ってほしいですが、点数を取りこぼしてしまうと、他でカバーせざるをえません。

改善方法は、「人の話を聞いて、実行すること」「問題文を区切って、理解するまで繰り返し読むこと」この2点ではないかと考えます。

特に1つ目のほうは、いつでもどこでもそういった場面が出てきます。もちろん塾でも。

というか、塾に来て、私たちが過去にした説明を、「そんなのやっていない」と発言する子がときどきいます。そういう子ほど、国語ができておらず、ミスが多く、まさにタイトル通り「点数が伸び悩んでいる」状態です。

小学生のころに戻る、、、もっと言えば、ご両親から言われていることだとは思いますが、「ちゃんと話を聞いて実行する」ことが、点数アップにつながる簡単で効果のある改善方法かなと考えます。

TOMORROW IS ANOTHER DAY.

スポンサーリンク
ルーツの広告
トップへ戻る